FC2ブログ
2007/03/29

劇団日記「右脳と左脳を使い分けることが出来ます」

発声練習をする。


あいうえお
いうえおあ
うえおあい
えおあいう
おあいうえ


「あえいうえおあお」
はよく言いますが、

このならびでの発音練習はあまり練習したこと無かったので、


もう、


読み読み。


文字を読もう読もうとして、左脳がフル回転しているのがわかる。

いかんいかん、右脳で言わなければ……とおもう。

「あいうえお」という字面は見慣れている&言いなれているはずなので、
読もうとしなくても「いうえおあ、うえおあい」と、わりとすんなりでてくるもの。

しかし、やだな~、間違えるのはプライドが許さんとばかりに、間違わないように左脳読みをしてしまう自分が、ああー!やだ。


ちなみに、意味のある文章は、もう、左脳読みができない。右脳読みしか出来ない身体になっている。

ただし、昔の記憶が根強く残るものは、ついクセで、左脳読みをしてしまうものがある。

それは、算数の文章問題。

「去年の生徒数は289人。今年は、18パーセント増えました。今年の生徒数は何人でしょう?」みたいな。


298、18、0.18、298×1.18…… ……と、数字ばかりが浮かんでくるときは、「左脳」という問題処理工場が働いている。
計算はできるが、問題処理に「イメージ」を伴っていないので、どのような問題なのかを人に説明することができなかったり、計算間違いをしたときに、気づかない。平気で53人とか答えてしまう。(←これじゃ人数減ってるっつーの)



しかし、自分の同級生の顔や、新入生を眺めて「お?今年は多いなぁ」と思っている自分が頭に浮かんだりしたら、これは「右脳」が働いているということ。「左脳」とうまくリンクし、現実的にとらえることが出来る。イメージがともなっているので、人にも人数の状況を説明することができるし、はなはだしい計算間違いはない。3516人とでれば「え?んなに多いわけないよ」と気づくのである。


長男の算数をみてやりながら気づいた。

あ??私って、左脳と右脳を使い分けてる?
みたいな。

社団法人熊本たけのこ会
http://www.uuunet.jp/takenoko/index.html
私が所属している劇団です。熊本県内を中心に人形劇などの公演活動をボランティアで行っています。
会員(団員)、随時募集中!見学・入会ご希望の方は、たけのこ会のHPからお問合せ下さい。

なるほど!と思った方は↓クリックしてね!
このブログに一票!(ブログランキング)


「最近の記事」もお楽しみ下さい!
(←左のサイドバーから)


他の「劇団日記」も見てみる↓
http://kogamiho.blog45.fc2.com/blog-category-2.html


関連記事
2007/03/23

お楽しみ会、レクレーション、お見知り会などでの出し物として、人形劇団「熊本たけのこ会」の人形劇や紙芝居はいかがですか?

ひさびさの劇団日記です。

17日は、竹迫みのり保育園で公演してきました!
大きな大きな紙芝居と、マジックショーです。

私は、着ぐるみお人形さんがやるマジックショーの、声を担当しました。
キツネの女の子、コンちゃんの声です。
いやいや、なりきれるってのは、なかなか楽しいものですよ。(笑)

しかし、台本を読むだけではなく、マジックの進行具合(成功具合?)や、見ている子供達のリアクションにあわせたりと、実は経験が要ります。

ほんとに、“なりきり”と“機転”が重要な役です。
もっと数をこなして、うまくなりたいですね。
そして、朗読や司会に生かしたいです。
たけのこ会での活動は、確実に私の栄養剤です。

この日の公演は、司会をしなかったので、とても気が楽でした~


タイトルの通り、学校や幼稚園・保育園でのお楽しみ会、レクレーションなどにお呼びくださればとおもいます。
詳しくは、たけのこ会のホームページからどうぞ!


社団法人熊本たけのこ会
http://www.uuunet.jp/takenoko/index.html
私が所属している劇団です。熊本県内を中心に人形劇などの公演活動をボランティアで行っています。
会員(団員)、随時募集中!見学・入会ご希望の方は、たけのこ会のHPからお問合せ下さい。

なるほど!と思った方は↓クリックしてね!
このブログに一票!(ブログランキング)


「最近の記事」もお楽しみ下さい!
(←左のサイドバーから)


他の「劇団日記」も見てみる↓
http://kogamiho.blog45.fc2.com/blog-category-2.html

関連記事
2007/03/16

クレパス、色鉛筆、絵の具の補充の仕方

「色鉛筆とかクレヨンの補充って、バラ売りをバラで一本ず

   つ買ってたら不経済のような気がする……、

   ある程度使ったら、ケースも傷んでるし、

   まるごと買い替えたほうがすっきりするよね~、

   でも、うちは男の子だから、ピンクとかオレン

   ジはぜんっぜん減らないのよね~。

   買い換えても、ピンク、オレンジだけは代々残

   ってるもんね~」



Aママ・・「そうそう!、うちは逆よ、女の子だから。黒

     とか茶色があんまり減らない。」





ほほう、、、

ということは、

代々残ってるピンク・オレンジは、女の子のいる家庭にもってってあげれば、よろこばれるって事か!



で、女の子ん家にあまってる色と交換してもらえばいいんだ!



おお!これはナイスアイディア!!



しかし、

こどもが男女いらっしゃるところは

「んなこと最初からやってるよ」なんでしょうね。。。。。。





うちは子ども3人いるけど、オール男なので

知る由もないのであります。

なるほど!と思った方は↓クリックしてね!
このブログに一票!(ブログランキング)


「最近の記事」もお楽しみ下さい!お役立ち情報がいっぱい!
(←左のサイドバーから)

スーパー主婦道場のタイトルだけの一覧を一ページで見れます、こちらから。

このブログのトップ 
関連記事
2007/03/08

“水無しグリル”の使い心地、感想。

2/15のブログをごらんくださいませ。
http://kogamiho.blog45.fc2.com/blog-entry-197.html
関連記事
2007/03/07

突き指体験談。突き指と骨折の見分け方突き指と骨折の違い

例1
このスポーツ音痴の私が、練習もしないまま会社のソフトボール大会に参加。
見事に突き指しました。
左手にグローブつけてんだろうが。なぜ右手でボールをとるんだ状態でした。

例2
去年、子どもの小学校の野球部の子が突指してました。

この二つの例には、共通点があります。
それは、“突き指だと思ってたら、じつは骨折だった”ということ。

例1の私の場合、突き指してすぐ、すごーく痛かったんです。ちかくに、ビールが冷やしてあるでっかい氷入りポリバケツがあったので、その中にしばらく手を突っ込んでいました。


それが、三日ぐらい痛かったんですよ。ただし、そんなに唸るほど痛くはなくて、仕事をしてる間は忘れてる、ぐらいの。

でも、いくらなんでもこんなに長いこと痛いのはおかしいんじゃ?
はやくエレクトーン弾きたいし……ぐらいの感じで病院にいったんですよ。

そしてレントゲンとってもらったら骨折だった。

例2の子の場合もそうでした。
突き指がいつまでもいたいので、病院にいったら骨折だった。。。
結局、何週間かな?長いこと野球ができなかった。


要するに、指の骨折って、さほど痛くないんですよ。
足とか腕のような、大きいところが折れたらさすがに痛みも大きいでしょうからすぐに病院に行くけど。

指みたいなちっちゃいところが折れても、痛みもちっちゃい?。我慢できちゃう痛さだから、ただの突き指だと思う、だから三日後とか一週間後に病院にいって、けっきょく完治に長くかかってしまう。。

私の経験や聞いた話しによると、どうもそんな感じですよ。

腫れて、20分も30分もズキズキするようなら、はやくレントゲン写真をとってもらって調べたほうがよさそう。

ランキングにご協力、いつもありがとうございます!
(なるほど!と思われましたらお好きなほうをクリックお願いします(^v^))


「最近の記事」もお楽しみ下さい!お役立ち情報がいっぱい!
(←左のサイドバーから)

スーパー主婦道場のタイトルだけの一覧を一ページで見れます、こちらから。

このブログのトップ 


関連記事
2007/03/05

前の学年の教科書はこうしなさい!教科書の捨て方、処分の仕方。

古い教科書、前学年の教科書はどうすればよいか……。

思い出として全部とっておきたいのは山山ですが、
うちは3人ですから、

ムリです。

はっきりいって捨てます。


しかし、全部捨ててはいけません!!
捨ててはいけない教科があります。

それは……


 
例えば、小学校の場合。

3年生で割り算の単元に入ると、
必ず、引き算で「あれ?」
と、つまずくときが来ます。(うちの子だけか?)

文章題を解くとき、
「あれ?1メートルって何センチだっけ?」と言うときが来ます。
(これもうちの子だけか!)

そんな時は、ウチでは必ず、前の学年の教科書を見るようにしています。

「しっかり憶えときなさいよお!」などと言う気はありません。

「元に返ってみる」「さかのぼってみる」という、手法を覚えてほしいと思って。


長男6年生ですが、つい先日、2年生の教科書を見ました。
(おはずかしい!)



だから、
算数の教科書だけは、

ぜったい捨てちゃダメ!!


しかも、いつでもぱっと見れるところに置いておきましょう。

うちは子どもたちは居間で宿題をしますので、
居間の本棚の、とりやすいところに、
それぞれが使っていた算数をさしています。

自分で印をつけたり、答えを書いていたりしているのを見れば、
「あーあ!あのとき先生が!」と、なにか思い出すはず。


前にものべたように、
「さかのぼって復習したり思い出したりする」ことは、
基本的な勉強の仕方だと思うんです。

一人でもできるんです。

勉強につまずいたときは、さかのぼって、ひとつひとつ紐解いてみる……みたいな。

人間ですから、忘れるのは当たり前なんです。
わたしたちだって、サインコサインなんて覚えちゃいません。



国語の教科書は、私が朗読に使えるので、同じく本棚に保管しています。
図工は子供達が好きなので保管、時々見てるみたいです。
理科、社会も保管してますが、見なかったな~。

(結局全部とってる?!)

ま、参考にしてくださいませ。


なるほど!と思った方は↓クリックしてね!
このブログに一票!(ブログランキング)


「最近の記事」もお楽しみ下さい!お役立ち情報がいっぱい!
(←左のサイドバーから)

スーパー主婦道場のタイトルだけの一覧を一ページで見れます、こちらから。

このブログのトップ 
関連記事