FC2ブログ
2010/03/21

小塚崇彦選手をえこひいきする表現力評論家 その3 <キムヨナ VS 浅田真央 違いは表現力!>

小塚崇彦選手をえこひいきする表現力評論家 その3
<キムヨナ VS 浅田真央 違いは表現力!>
表現力にスポットをあてています。

その2.5から続きます。

なんか、今日は黄砂がすごいです。
のどがチカチカします。

では続き。

(表現力について語らせていただいています。
演技のA・B・Cについては、その2をご覧ください)


演技Aから入るか演技Cからはいるかの違い。
キムヨナちゃんの演技はCがはっきりしているから人を惹き付けるんです。
表現したい思いが強い、深い、細かいから。
そうなると、Aから入る真央ちゃんは、やっぱり説得力が弱い。

だいたい日本人はCから入るのは苦手かも知れないね。
昔から、自分の感情を表に出さない事が美しいとされているから。
相撲の世界でも、勝ったからって派手に喜ぶ人(日本人)はいない、
というか、タブーというかモラルに反するというか。
テレビで見た事ありますが、
剣道の試合で、勝った人がガッツポーズをしたので、勝利が無効になったということも
あったぐらいですから。
(ガッツポーズは相手を侮辱する行為であり、剣道の精神にふさわしくないということらしいです)

こんなふうに、自分のはっきりした感情もガーッと出さないのに、
思い描いた事を表現しろって、やっぱむずかしいですよ。
(勝利のインタビューで、日本人は冷静に「はい、うれしいという気持でいっぱいです。」みたいな、他人(ひと)ごとか?って感じにコメントするのに対し、外国の人は、絶叫して喜んでますよね。人間らしいです。)

日本人がCがうまくないのは、
そもそも日本の国語教育に問題があると思うなぁ。
(おいおい、話がデカすぎるよ・・・これ言い出したら止まらない)

その3.5へつづく
関連記事
2010/03/19

小塚崇彦選手をえこひいきする表現力評論家 その2.5 <A・B・C…小塚君と真央ちゃんは?>スポーツ フィギュアスケート

小塚崇彦選手をえこひいきする表現力評論家 その2.5
<A・B・C…小塚君と真央ちゃんは?>スポーツ フィギュアスケート
その2から続いています。

(表現力について語らせていただいています。
演技のA・B・Cについては、その2をご覧ください)


高橋選手がいきなり演技Cからはいる表現者であるのに対し、
浅田選手と小塚選手は、Bで止まっちゃってる。
部分的にはCができてるんだけど…
しかも、二人には共通するところがあって、
ほにゃららことで、ほにゃららしたとほにゃららるんです。
(↑これね、ごめんなさい。大人としてふせさせていただきます。)
だから、どうしても “やらされてる感” が演技の中に出ちゃうんですよね。
おしいです。
(もしかして、小塚君と真央ちゃんはあのコーチの指導を受けた事がない?なんてことも気になっちゃったけど…)
これ(ほにゃらら文章)に、一旦陥ってしまうと、はっきりいって抜け出すのが難しいです。
はやく気づかないと、ソチに間に合いません。
A→B→Cじゃなくて、
C(強い思い)があってこそのA,Bということにはやく気付いてほしい。

もう一度言います。表現の仕方は、
「上を向いて手を組んで願う気持ちを表現する」ではなくて、
「願う気持が強かったので、思わず上を向いて手を組んじゃった」というのが正解。
(なぜ上を向くかについてはその2をご覧ください。(星に願うからです。))

Cから入る人は、ストーリーや熱い思いが頭の中で描けたと同時に、
心の中ですでに音楽のようなものがなりはじめるというか、音のイメージが自然についてくるというか。
それを楽譜なりメロディーに出来る人が、作曲家とかシンガーソングライターをやってるわけですよ。
Cを共有した音楽家にオリジナル曲を頼めればサイコーですね。

その3へつづく
関連記事
2010/03/18

小塚崇彦選手をえこひいきする表現力評論家 その2 <いきなりCから!高橋大輔>スポーツ フィギュアスケート

小塚崇彦選手をえこひいきする表現力評論家 その2
<いきなりCから!高橋大輔>スポーツ フィギュアスケート

その1から続きます。

演技のABC

A視線について。
“上を見る”という仕草一つをとってみても、
星を見るのか、天井を見るのかで、視線の方向・距離が違ってきます。

B表情について。
同じ“星を見る”でも、ほしの観察の為に星を見るときの表情と、
星に願をかけるときの表情は違いますね。

C表現について。(強い思いから出てくる動きが、いい表現・熱い表現です。)
表現というのは「上を向いて手を組んで願う気持ちを表現する」ではなくて、
「願う気持が強かったので、思わず上を向いて手を組んじゃった」というのが正解です。
表現しようとすることを、自分の経験とそのときに伴った感情と重ね合わせるのがコツ。
自分の願いを、実際に星にお願いしてみましょう!
お願い!というと、目を閉じたくなるでしょう、
お願い!という思いが強いと、胸の前で手を組みたくなるでしょう。
つまり、「上を向いて手を組んで願う気持ちを表現する」ではなくて、
「願う気持が強かったので、思わず上を向いて手を組んじゃった」というのが正解。

このとき、表情や振り付けと、音楽の曲想やアクセントとが一致すれば、文句なし。
フィギュアスケートのジャッジ項目に「音楽の解釈」というのがありますので、
音楽にストーリーを合わせて行かなければなりませんね。

むずかしいなあ。
エレメントは入れなあかんし。

多くの選手は、Cまで行き着いていないんです。
(想像力がたりない=想像描写が明確でない)

しかし、逆にCらしか入れない選手もいるんです。
それが高橋選手、キムヨナ選手。
あと、子役の加藤清史郎くんの “来とうはなかったー!!” はCから入ってますね。

そして、Cから入る要領を知ってしまったのが、安藤選手。

Cまで行き着いてるんだけど、今一つムラがあるのが
織田選手、
鈴木選手。

その2.5へ続く。
関連記事
2010/03/17

小塚崇彦選手をえこひいきする表現力評論家 その1 <小塚君の表現力を分析する。>

小塚崇彦選手をえこひいきする表現力評論家 その1
<小塚崇彦の表現力を分析する。>

高橋大輔選手、織田信成選手、小塚崇彦選手、浅田真央選手、安藤美姫選手、鈴木明子選手、
6選手のみなさん、オリンピックで全員入賞という快挙、おめでとうございます!!
お一人お一人がそれぞれに追求し、研究し、努力なさった結果だと思います。
本当におめでとうございます。
世界に誇れる演技をみなさんがしてくださって、
「日本はフィギュアスケート王国だ」って、世界がびっくりしたことは言うまでもありません。

表現力にうるさいおばちゃんが、いろいろと書かせて頂きます。
おばちゃんは小塚選手のファンなので(^^)
かなり小塚君びいきな意見になりますことをあらかじめお伝えしておきます。(^v^)
(バンクーバーでの演技から)

さて、
この6人のみなさんの表現力を見てみますと、
1番は文句なしの高橋選手。
2番、安藤選手、鈴木選手
4番、織田選手
5番、浅田選手
6番、小塚選手

ここで言う表現力とは…
たとえば、悲しみを表現するとしましょう。
友人を亡くした悲しみなのに、食べる直前のケーキを床に落としてしまった悲しみ
になっちゃってる…って、
そんな話じゃないです。
それを見るジャッジはいないでしょう。
友人にしろケーキにしろ、演じる本人が、細かいところまで想像できているかが問題。
細かいところまで思い描く事が出来ているかどうかです。

演技について、A・B・C、三つの事。

その2につづく。
(このブログは著作権をものすごく主張します。)
関連記事
2010/03/14

爆笑卒業式!(親バカですみませんm(__)m)

平成22年3月12日金曜日。
熊本市のほとんどの中学校で
卒業式がとり行われました。

うちの子の中学校でも。

思い出、いっぱいありますね。
運動会で応援団

リレーはアンカーでゴール!
式が終わってそれぞれの教室に入り、
「私はこんな生き方をめざします!」というテーマで、
各人が、漢字一文字を発表。

“笑” 「私は、ずっと笑顔でいたいです!」

“真” 「真っ直ぐに生きて行きたい!」

“信” 「自分を信じてがんばりたいです!」

などなど。

さて、いよいようちの息子。

なんて書いたかな?

「僕は、高校生になっても、
なんにでも“挑”戦したいと思います。」

え?



ええーっ!?

字が違うんですけどー!

「ちょっと、字、ミスったけど、(爆笑!)
ミスってもいいから、
いろんなことに挑戦したいです!」

(よしっ!よく言った!!
いつも「笑いをとれ!」と言ってるので。)


こんな息子ですが、
式では卒業生を代表して、
“答辞”を述べました。


答辞

なんと10分のロングスピーチ。

礼

立派でした。
かっこよかったです。(親バカですみません)



支えてくださった先生方、
お友達の皆さんには、
とても感謝しております。m(__)m


クラスでも、代表で担任の先生に花束を贈呈させていただきました。



先生


卒業おめでとう!
高校でまた、野球を頑張ってください。
なんなら甲子園にいっちゃえー!
関連記事