2010/09/15

高校受験 高校野球 進学 悩み 部活 偏差値 進学校 私立 公立 きれいごとは書きません。

高校受験 進学 悩み 部活 野球 偏差値 進学校 私立 公立 きれいごとは書きません。

熊本市の高校野球事情も書いています。

高校を、部活で選ぶか偏差値で選ぶか、公立に行くか私立に行くか。
進学校に行くか実業系の高校に行くか。

悩んでいる中学生は多いと思う。

高校球児の母として、私はこのように思うのだ。
きれい事は書かないよ。

良かったと思った事、後悔した事などを書きます。

まず、うちの長男を紹介。
私立の実業系の高校1年。硬式野球部。

学校はざっと
商業科 進学科 体育科 らしきものがある。

うちの子は商業科なので、各種検定試験を受ける事があるが、
試験って、たいてい日曜日に行われる。
よって、野球の試合をとるか検定をとるか…ということがある。

ならば検定試験は、野球のシーズンオフのときに受けようということもできるのだが、
検定試験のための商業科目の授業は、検定試験にあわせて進んでいくので、
授業とタイムリーでは受けられない。

検定試験は、卒業するまで何度か挑戦する事ができるが、
できるだけ一発で合格しないと、検定料は払わないとけないからね。

ちなみに、学校によっては、資格の何級か以上をとらないと卒業できない
という決まりがある学校もある。

進学科の子たちはご多聞どおり、課外授業というものがある。
朝課外に出れば当然朝練にはでられない。
放課後課外があれば、当然部活には遅れて参加する事になる。

体育課の子たちは、体育のコマ(時間)が他の学科より多く、
その時間は、自分の特技を伸ばすための時間となっているので、
野球部の子たちは、先にグランドに行って先に練習をやっている。

高校に行って硬式野球をするという事は、
ほとんどが甲子園を目指すという事。
野球に対する熱い思いは、ほとんどの子が甲子園へと続いている。
(もちろん野球が好きであれば、甲子園を目指さなくても誰でも野球をする権利がある)

野球が好きなら、高校は絶対野球で選ぶべき。
甲子園に行きたいのであれば、
偏差値には関係なく、甲子園に行きそうな高校に行くのだ。
もし甲子園に行きそうな高校に、何らかの理由(めちゃめちゃ遠いとか偏差値が合わないとか)
で行けなかったら、
「同じ高校でまた一緒に野球をやろう」と、中学の野球部の友達に声をかけるのもありだ。
「同じ高校に行って甲子園に行こう」と、同じクラブチームのメンバーに声をかけるのもありだ。

高校に入ってしまえば偏差値なんて関係ない。
ほんっとにどうでもよくなる。勉強なんて。
それよりも夢を目指す強い心を持っていた方が、得るものはたくさんある。
(勉強が好きなら、どうぞどっちも頑張って)

机上の勉強なんて、やろうと思えばいつでも出来る。
逆に、やろうと思わないと、効率良く頭に入んないでしょ。
効率の悪い中途半端なやる気に時間をかけるのは、このさい、“ムダ”と言ってしまおう。
それより野球だよ、2年半。たったの2年半、何を差し置いても熱中する!
こんなに熱い、すばらしい体験は、大人になったら出来ない。

高校に入ってからの2年半、悔いのない様に野球をやってしまわなきゃ、
心のなかで、野球が片付かないでしょ。
それじゃあ受験勉強にとりかかるのも
中途半端になるよ。

ま、きれいごとと言えばきれいごとかね。

うちの場合は、
高校卒業後は就職する予定、
もちろん、成績良くないと、就職はない。
就職も成績の上位から決まって行くからね。


ここからは熊本市の高校野球事情。
(いや、そんなおおげさなことは書きませんが(笑))

高校に普通に入学して野球部に入り、高校野球をする…これが常識なのだが、

高校に普通に入学しても、普通に野球部に入れない高校があるのをご存じだろうか。

2010夏、甲子園に行った高校だ。
よその都道府県ではよくあることなのかどうかわからないが、
まったく非常識だ。

ある生徒が野球部に入る為にその高校に入ったのに、
野球部に入れなかった。
専願じゃないと野球部に入れない事を知らなかった…
入学してから知ってもどうしようもない。
結果、非なる道へ行ってしまった…
という子の話を聞いて、
怒りを覚えた。

ま、私立だから何でもありなんだろうが、
そういう大事な事は、もっと多方面にちゃんとアナウンスしておくべきではないだろうか。

熊本県ナンバーワンの進学校、熊高。
ここはやっぱ勉強が先だから、野球部は18時までしか練習出来ないらしいよ。
学校で決められているのなら仕方がない。

私立の進学校の中には、部活動に対して、まったく非協力的な学校もある。
そういうところは当然練習もぬるい。
勉強だけやっときなさいということか。
中学でガンガンやってた人、本気で野球がやりたい人には、おすすめでない。
ものたりないよ。

高校によっては、校内で練習しない学校もある。
つまり、よそにグランドを持っているという事。
学校から近い場所にグラウンドをもっている学校もあれば、グランドが遠い学校もある。

今はもう流行らないが、
先輩による理不尽なシゴキや無駄な説教が、まだ残ってる学校もある。野球部に限らず。
それが深刻なものか軽いものか、気になる人は調査をした方がいい。
あったから良かった、なくて良かった…両方の意見を聞くので、
どっちがどーこーとはここでは言わない。

ただ、それらがストレスになって、他で問題を起こして大会に出られなくなる…というのは
残念すぎる。

野球をやりたい人の邪魔はしないでほしい。
いや、これ↑は、問題を起こす人じゃなくて、ストレスを与える方の人に言ってるんだよ。

それらがあろうが無かろうが、野球が強いとこは強い! 弱いとこは弱い!

高校によっては、1年は野球の練習ができない高校もある。
ボールすら触らせてもらえない高校もある。

逆に、入部してすぐから上手下手に関わらずバリバリ練習させてくれる高校もある。

そこも調査したほうがいい。

野球がしたくて野球部に入るのなら。
関連記事
2010/09/03

猛暑で売れたもの、売れなかったものを検証

あー、今日も暑い…。

部屋の中、35度。

ほんとに9月なのか?


私が、
猛暑だったために売り上げが伸びたのではないかと思うもの。

その1  洗濯バサミ。
主婦のみなさんならお気付きだと思います。
強烈な太陽の熱さで、急速に劣化。
洗濯物を挟もうとすると、ぱちん!とはじけて壊れませんでしたか?
ウチもずいぶん壊れましたよ。


その2 アナログ体温計(昔ながらの水銀のやつ)
なぜかといいますと、電子体温計は、気温が35度を超えると、計る前からエラーになっちゃう。
ま、たくさんは売れなったろうけど、「やっぱ基本はアナログだよね」と、
アナログの良さに気づいてくれた人はいると思いますよ。
ちなみにウチのアナログ体温計、ひさしぶりに押入れから出したら、
なんと、43度をさしてました。恐ろしい……


その3 スポーツドリンク
「熱中症」は
私の中で、この夏の流行語大賞。
マスコミはこぞって熱中症対策を取り上げる。
有効とされるのが、スポーツドリンクを飲むこと。
買いましたね~、うちも。
アクエリアス。
高校の野球部でも、何十ケースも。
ああ、くやしなぁ。
なにがって、
コカコーラ社を儲けさせるのが。
(↑なんでライバル視してんだか…)

関連記事