FC2ブログ
2019/07/03

人と交流できなかった若い頃の話

若いときは、人と仲良くしたくない訳じゃないのに、普通に「交流」ということが出来なくて、ずっと壁を作ってた。自分はその壁をシールドと呼んでる。そのシールドは基本不透明。相手により透明度を上げ下げする。疲れると不透明になるっていう不良品(笑)だんだん基本の透明度は上がってきたけど、シールドをOFFにすることは出来なかった。
去年の7/2、二十数年かけて透明度もずいぶん上がったので、シールドをOFF にしようと思った。もう二度とシールドをON にしません!と誓った。でもシールドは長いこと使ってたので古くなってたみたいで、ホントにスイッチ入らなかった。壊れた。入れようとも思わなかった。
シールドは、体全体、足元まで覆っていたらしく、いま思えばシールドに入っていたころは意識がここになくふわふわしてた。夢見心地だったような感じ。誰に会っても夢見心地でふわっとしか捉えられず、人を覚えられない。今はシールドがなく地に足がついてる感じがする。人に会っても現実み、重み?がある、ちゃんと印象が感じられるから覚えられる。
シールドが壊れてからは、こちらから人に飛び込めるようにもなった。心を開けるってこと。
友達が作れるようになったってこと!
おかーさーん!笑顔で頑張ってるよ!
「バカかってぐらいいつもニコニコしとかなん」と言ってた母。この写真の後は、痛みが出るので薬で眠りっぱなし。母は目を閉じたまま「起きたい」と言ったけど、麻酔を切ってと病院に言えばよかったのかどうか今でもわからない。この笑顔の八日後になくなりました。
おかあさん、バカも悪くないよ。バカはいいね!
嫌なことや辛いことがあっても、お母さんが言った通り、ニコニコしてると勝てるね!
いいこと教えてくれてありがとう!
15621075010.png


名前やメアドは記入不要ですので、


コメントお気軽にどうぞ。お待ちしています!

コメント本文だけで送信できる設定にしています。

 読んだよーの印に↓ぽちっとよろしくお願いします!↓どれでもOKです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ



 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ




にほんブログ村 主婦日記ブログへ



ブログランキング・にほんブログ村へ