--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/18

「醸造用イースト」とは?その和訳がおかしいんじゃないの?

「醸造用イースト」という新しい言葉に振り回されているのは、

私だけではないと思うよ。

ふたつ前の記事の、遅延型食物アレルギーの続きです。

検査の結果、私は「醸造用イースト」と「製パン用イースト」にアレルギー反応がありました。

製パン用イーストは分かりますが、

醸造用イーストってなに?

その和訳でいいのかね?

わけわかんないからいろいろ調べてみましたら、

イーストは、発酵させるためにパンに入れるもの。

醸造するために入れるのは酵母というらしい。

どちらも似たようなものだけど、

でも、醸造用にイーストって言葉を使われちゃ、「は?」ってなりますわな。


さらに、

醸造とは、「酵母」を使って発酵させること。

パンは、「イースト」を使って発酵させる。


じゃ、発酵と醸造は何が違うのよっ!って話。


「醸造」は、液体に対して使う言葉らしいから、

醸造用イーストアレルギーっていうことは、

醤油はダメだけど、味噌は大丈夫ってことになるぜ?
チーズもヨーグルトもOKってことかいな?

それでいいのかな?アンブロシアさん。

「醸造用イースト」なんて新しい言葉作るから、

混乱しますわよ。

発酵系の液体はダメですよと言ってくれたほうがずっとわかりやすいのに。

ということで、

イーストで膨らませたパンと、
酒、醤油、みりん、酢など、発酵系の液体はしばらく除去してみようと思います。

人気の「主婦ブログ」TOP10に戻る↓
              にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
              にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。