FC2ブログ
2018/08/12

「はじめ人間ギャートルズ」のエンディングが名曲「やつらの足音のバラード」を読みといてみよう。歌詞の意味

「なんにもない なんにもない まったくなんにもない」で始まる。

作曲は、かまやつひろし
作詞は、この漫画の作者、園山俊二

ウィキによると、私が5才ぐらいに聴いていたことになる。
なんども思い出す曲って、たぶん、素直に自分が好きな歌なんだと思う。

この曲のどこがいいかって、私的には、1番のサビの歌詞です。

(ちなみにこの曲は、サビよりAメロのほうが有名。Aメロで始まってAメロで終わるので。私もサビをちゃんと知ったのはここ数年)

常識だと「夜には星がある」ものですが、

1番のサビには

「星には夜があり、そして朝がおとずれた」という歌詞がある。


意味は……

その前にこの曲のテーマ。
「地球の誕生~人類の出現」です。
(恋愛、人生、っていうテーマが多い中、とても珍しい。書き下ろしだとは思いますが)

これだけ聴いて
「星には夜がある」の意味がわかる人ってどのくらいいるだろう??

つまり、星が生まれました(←これ地球です)。その星には、時々真っ暗になる「夜」って言うものがあって、時間がたてば「朝」っていうのが来る。っていう意味です。

これを知ったときにどんなに衝撃だったか。
なんという世界観!
常識の前の常識を新鮮にとらえたもの✨✨すばらしー✨

ますます好きなになりました。

テーマが既に特殊なのに、
星には夜があり、なんて!

もう、やられたー!


1番の歌詞は、地球の誕生

2番の歌詞は、弱肉強食のみの、言ってみれば、一番平和だったころの地球。

3番は、地球が激変し氷河期が来ていよいよ人類が現れる。

タイトルのやつらとは人類のこと。

これから、人類ってやつらは何をやらかしてくれるのか??

文明を作っていくというワクワク感もありながら、地球を汚染し壊していくことを知ってるぞ、金と男と女に振り回される時がくることを知ってるぞというニヤリ感もある。
ニヤリとしているのは誰かって、地球が誕生するところを見届けた、宇宙。かな?

壮大です。

大好きな歌です。

お名前やメアドは記入不要ですので、
コメントお気軽にどうぞ。お待ちしています!
コメント本文だけで送信できる設定にしています。
 読んだよーの印に↓ぽちっとよろしくお願いします!↓どれでもOKです!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ

 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ


にほんブログ村 主婦日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

非公開コメント

Re: No title

まぁ!ありがとうございます❤

No title

>私が5才ぐらいに聴いていたことになる

同世代ですね。68年生まれです(●^o^●)
マンモスの肉、すっごい食べたかった(≧◇≦)



何気に聞いてました
同じころの、ルパン三世のエンディング

「足もとに 絡みつく赤い波を蹴って」

あれも好きでした。
小学生だから、歌詞の意味なんかどうでもよく
メロディーとして好きだった


朗読をされてるんですね(^^;)
他にも、いろいろ興味深いテーマの記事が
いっぱいありすぎるんで、ポチポチ読ませてもらいますm(__)m