FC2ブログ
2006/08/17

おにぎりの塩加減作り方 お結びおむすびの作り方

学校の先生にまで感心されちゃった!
私のおにぎりの作り方。

へ~、そういう風に習ったのって、私だけだったんだ。
みたいなね。

塩の使い方

が、他の人と違ってた。


むか~し、母に習った事がことがあるんです。

手に塩をつけるのは、

ご飯が手につかないようにするためだって。

だから私、5合分のおにぎりを作るとしても、水は最初の一回しかつかいません。

なので、塩が足りなければ手にくっつくし、食べる時も塩加減がたりないんです。

塩を、手のひらにさっとのばしてご飯をにぎる。。

おためしあれ~

ちなみに、
真夏の汗をかく時期は、
塩辛いおにぎりが、かなり美味いです!


逆に冬は、あまり塩が効きすぎていると、単に「しょっぱー(>_<)」という感じ。


ちなみに、こちら熊本では、
おむすびじゃなくて、おにぎりといいます。

形は三角が多いと思います。(小判型や俵型ではなく)

そして、熊本には“しょっぱい”という言葉がありません。
“塩辛い”か、単に“辛い”といいますので、
「この料理、辛い。」と言ったら、
唐辛子系のピリピリ辛いのか、塩気が強くて辛いのか
わかりませんので、どっち?と確認する必要があります。


なるほど!と思った方は↓クリックしてね!
このブログに一票!(ブログランキング)


「最近の記事」もお楽しみ下さい!
(←左のサイドバーから)

このブログのトップ 

関連記事

コメント

非公開コメント