FC2ブログ
2006/08/24

我家のルール、“寝禁” 

家族社会のルール、家庭のルールとして、我家に

“寝禁”(ねきん)

というのがある。


“寝転び禁止”

という意味です。


狭い居間で寝転ばれると、

はっきり言って、じゃま!

寝転んでテレビなんて以ての外。
寝転んで読書(というか読マンガ)もだめです。
目のためにも。


ただし、お昼寝ならOK。



そもそもこのルールを作ったのには、“じゃま”や“目のため”の他に、じつはちゃんとした理由があります。


それは、
学校で先生の話を聞く時の、体力的な持久力をつけるため。

ただでさえ“集中力”と言う“精神的な持久力”がないんだから!
せめて体力的な持久力だけでも!

という考えからです。

幼稚園で、先生がおっしゃったのが印象に残っています。
「ちょっと長くなると座って話が聞けない、すぐ寝転んでしまうお子さんがいらしゃいます」と。

確かにそうですね。聞く姿勢に疲れてしまっては、聞きたくても集中力はとぎれてしまうでしょう。




なるほど!と思った方は↓クリックしてね!
このブログに一票!(ブログランキング)


「最近の記事」もお楽しみ下さい!
(←左のサイドバーから)

このブログのトップ 




関連記事

コメント

非公開コメント

milky さん、ありがとうございます。
集中力って、もともとそんなにつづくものではありませんよね。
15分や30分でしょう。
私も、ドラマは30分ものしか見れません。(笑!)
10分、20分、30分、~~と、すこしずつ伸びていくでしょう。

お互いに、子育てを愉しみましょうね!

(* '-')ノ ハジメマシテ☆

ブログサーフィンをしていて、立ち寄らせて頂きました♪

寝転び禁止には、深い意味があるんですね。

お勉強になりました。

私には、中1と小1の子どもが二人いて何かと上の子と集中力の無さでバトルになります。

今朝も朝からバトルです(⌒-⌒; )

どうしたらいいのかなぁと思ってますが、話し合うことが一番大事だと思うので、主人が帰ってきて相談しようかと思ってます。
子育てって難しいけれど、楽しまなくてはもったいないですね。せっかく神様がめぐり合わせた親子なんですからね。 

ここにきて、ちょっと気持ちが楽になりました♪