FC2ブログ
2007/02/05

ホームベーカリーレシピ。量るのが面倒!対策(スーパー主婦はこうする)

ホームベーカリーでパンを作ると、
おいしいんだけどぉ、材料を量るのがけっこう面倒だったりする。

ホームベーカリーを買ったものの、使ってない……という人、
それも一因じゃありませんか?

私は、はかるとこは量るけど、適当でいいところは量ってません。
(牛乳や卵を入れるときもテキトー。やり方は後ほど)
でも、ちゃんとふっくらのおいしいパンはできますよ。
(毎回、極上な出来上がりを求める人はやっぱり正確に測ってください。)

ちゃんと計量しているのは、粉とイーストだけ。

他の材料はどうしてるかってぇと、

たとえば……
砂糖→砂糖ストッカーにいつも入れっぱなしにしてるスプーンで「これくらいかな?」という感じ。「明日のパンはちょっと甘くしてみようかな」「そろそろ暖かくなってきたから、控えめで」「やっぱ寒い日は多目のほうがふくらみが方がいいなぁ」という感じで入れてます。おいしく出来てるから、たぶん規定の量と同じくらいの量になってるんだと思います。

マーガリン→これも、バターナイフで適当にすくって入れます。「前に量ったとき、たしかこのくらいだったよね」みたいな感じで。一度、入れ忘れたときがあって、パッサパサのパンになっちゃったことがあります(笑)。でも食べられますよ。マーガリンつけて食べたい時は控えめにします。カロリーが気になるからね(笑)(普段は、何もつけずにひたすらパクパク食べるのが好きなんです)

塩→もともと、市販の食パンがしょっぱすぎるのがイヤでホームベーカリーをかいました。だから、規定の量の半分しか入れません。普通は付属の小スプーンに一杯半入れるようですが、私は小スプーンに8分目ぐらい。はかってるっちゃはかってるのかな?いやいや、あくまで“ぐらい”だから。
マヨネーズやツナを使うサンドイッチなどを作るときは、この塩分控えめパンはおすすめ。健康的にね。

スキムミルク→ビンに詰め替えてるんですか、瓶からこのくらいかな?と、
直接さらさら~と入れてます。スプーンなんて使いません。
でも、スキムミルクって、我が家では切らしてることが多いです。そんなときは…

水分(卵、牛乳、水)→スキムミルクを使わず、牛乳を入れています。手間にならない、かんったんな量り方をお教えします。私は、大き目のプラスチックのコップの280ccのところに、印となるキズを入れてます。で、水だけで作るときは280cc。牛乳を入れたいときは、牛乳+水で印よりちょっとうえまで。卵を入れたいときは、卵+牛乳+水でさらに印のもっちょっと上まで(たぶん、合わせて300ぐらい入れてるんだと思います)で、水と牛乳の割合なんですが、今の冬の季節ですと、牛乳をほどよいぬるさにするために、ポットのお湯を入れている……、つまり、味とか出来具合じゃなくて、単に、水分が冷たくなりすぎないように、という感じ。卵も冷蔵庫から出してすぐ割りいれるので、そのぶんお湯をふやしてぬるくしてあげるんです。

こんなてきとー量りの私のパン作りですが、いつもおいしくたべてますよ。

量るのが面倒だな~とおもったときは、やってみて。

イーストもカンで入れてたときがあったけど、それはさすがによくできなかったです。

なるほど!と思った方は↓クリックしてね!
このブログに一票!(ブログランキング)


「最近の記事」もお楽しみ下さい!お役立ち情報がいっぱい!
(←左のサイドバーから)

このブログのトップ 
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック

ホームベーカリー

ホームベーカリーホームベーカリーとは、パンを焼くための家庭用電化製品。「家庭用自動パン焼き器」等の表記もある。概要小麦粉等の材料を内釜に投入すると、自動的に生地の生成(混合・練り機能)、発酵の温度調整(発酵機能)、焼き上げ(焼き機能)を行い、家庭で自動で