FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/05

前の学年の教科書はこうしなさい!教科書の捨て方、処分の仕方。

古い教科書、前学年の教科書はどうすればよいか……。

思い出として全部とっておきたいのは山山ですが、
うちは3人ですから、

ムリです。

はっきりいって捨てます。


しかし、全部捨ててはいけません!!
捨ててはいけない教科があります。

それは……


 
例えば、小学校の場合。

3年生で割り算の単元に入ると、
必ず、引き算で「あれ?」
と、つまずくときが来ます。(うちの子だけか?)

文章題を解くとき、
「あれ?1メートルって何センチだっけ?」と言うときが来ます。
(これもうちの子だけか!)

そんな時は、ウチでは必ず、前の学年の教科書を見るようにしています。

「しっかり憶えときなさいよお!」などと言う気はありません。

「元に返ってみる」「さかのぼってみる」という、手法を覚えてほしいと思って。


長男6年生ですが、つい先日、2年生の教科書を見ました。
(おはずかしい!)



だから、
算数の教科書だけは、

ぜったい捨てちゃダメ!!


しかも、いつでもぱっと見れるところに置いておきましょう。

うちは子どもたちは居間で宿題をしますので、
居間の本棚の、とりやすいところに、
それぞれが使っていた算数をさしています。

自分で印をつけたり、答えを書いていたりしているのを見れば、
「あーあ!あのとき先生が!」と、なにか思い出すはず。


前にものべたように、
「さかのぼって復習したり思い出したりする」ことは、
基本的な勉強の仕方だと思うんです。

一人でもできるんです。

勉強につまずいたときは、さかのぼって、ひとつひとつ紐解いてみる……みたいな。

人間ですから、忘れるのは当たり前なんです。
わたしたちだって、サインコサインなんて覚えちゃいません。



国語の教科書は、私が朗読に使えるので、同じく本棚に保管しています。
図工は子供達が好きなので保管、時々見てるみたいです。
理科、社会も保管してますが、見なかったな~。

(結局全部とってる?!)

ま、参考にしてくださいませ。


なるほど!と思った方は↓クリックしてね!
このブログに一票!(ブログランキング)


「最近の記事」もお楽しみ下さい!お役立ち情報がいっぱい!
(←左のサイドバーから)

スーパー主婦道場のタイトルだけの一覧を一ページで見れます、こちらから。

このブログのトップ 
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。