FC2ブログ
2007/03/29

劇団日記「右脳と左脳を使い分けることが出来ます」

発声練習をする。


あいうえお
いうえおあ
うえおあい
えおあいう
おあいうえ


「あえいうえおあお」
はよく言いますが、

このならびでの発音練習はあまり練習したこと無かったので、


もう、


読み読み。


文字を読もう読もうとして、左脳がフル回転しているのがわかる。

いかんいかん、右脳で言わなければ……とおもう。

「あいうえお」という字面は見慣れている&言いなれているはずなので、
読もうとしなくても「いうえおあ、うえおあい」と、わりとすんなりでてくるもの。

しかし、やだな~、間違えるのはプライドが許さんとばかりに、間違わないように左脳読みをしてしまう自分が、ああー!やだ。


ちなみに、意味のある文章は、もう、左脳読みができない。右脳読みしか出来ない身体になっている。

ただし、昔の記憶が根強く残るものは、ついクセで、左脳読みをしてしまうものがある。

それは、算数の文章問題。

「去年の生徒数は289人。今年は、18パーセント増えました。今年の生徒数は何人でしょう?」みたいな。


298、18、0.18、298×1.18…… ……と、数字ばかりが浮かんでくるときは、「左脳」という問題処理工場が働いている。
計算はできるが、問題処理に「イメージ」を伴っていないので、どのような問題なのかを人に説明することができなかったり、計算間違いをしたときに、気づかない。平気で53人とか答えてしまう。(←これじゃ人数減ってるっつーの)



しかし、自分の同級生の顔や、新入生を眺めて「お?今年は多いなぁ」と思っている自分が頭に浮かんだりしたら、これは「右脳」が働いているということ。「左脳」とうまくリンクし、現実的にとらえることが出来る。イメージがともなっているので、人にも人数の状況を説明することができるし、はなはだしい計算間違いはない。3516人とでれば「え?んなに多いわけないよ」と気づくのである。


長男の算数をみてやりながら気づいた。

あ??私って、左脳と右脳を使い分けてる?
みたいな。

社団法人熊本たけのこ会
http://www.uuunet.jp/takenoko/index.html
私が所属している劇団です。熊本県内を中心に人形劇などの公演活動をボランティアで行っています。
会員(団員)、随時募集中!見学・入会ご希望の方は、たけのこ会のHPからお問合せ下さい。

なるほど!と思った方は↓クリックしてね!
このブログに一票!(ブログランキング)


「最近の記事」もお楽しみ下さい!
(←左のサイドバーから)


他の「劇団日記」も見てみる↓
http://kogamiho.blog45.fc2.com/blog-category-2.html


コメント

非公開コメント