FC2ブログ
2007/09/11

国語。読解力をつける、読解力を向上させる方法(学校の先生必読!)

読解力を養う方法……

そもそも、読解力がある人に、「読解力の無い人にはなにが足りないか」がわかるわけがない。読解力の無い人の気持ちはわかりっこないのです。

「ここにこう書いてあるでしょ?なぜわからないの?」といいたくなるでしょ。

わからないからわからないんですよ!


いばって言う事でもないですが。。。。



私はわかります。


読解力がある人の読み方も、読解力のない人の気持ちも。



読解力がないひとには、文字は「音声化するための記号」でしかない。
「その記号をつなげて読んでみると、何かが語られている」のだが、
「記号」と「何かが語られている」ということが、どうしても結びつかないのだ。

私が子どものころ、まさにそうだった。

国語の長文読解問題なんて、もちろんダメダメ。
算数の文章題も、どんなに説明してもらっても、何が書いてあるのかさっぱりわからなかった。


なのに、今じゃこうしてブログ書いたり、本を出版させていただいたり、
読むばかりか、それを人に伝える
朗読、ナレーションをやっている。いちばん読解力がいる仕事だ。


不思議だ。


読解力が無い人は、今朝自分が食べた玉子焼きの話をする時と、
小説で玉子焼きを食べるシーンを読む時は、

全然違う脳を使っている。
さっぱりきっぱりちょっきり切り離して読んでいる。

自分の体験と重ね合わせることが、まったくできないんです。

読解力があるひとは、これが無意識につながっている。
無意識に、“文字”という記号と、自分の体験が結びつくんです。

読解力がある人は、そう説明されてもわからないでしょ?
読解力がないと言う事がどういうことなのか。

読解力が無い人には、「文字」は記号でしかなく、
感じ取ったり表現したりするのに、その記号はむしろじゃまなんですよね。


しかし、勉強をしなければならない“学生”である以上、ここはクリアしないといけない。


あああ~~~……
く・く・くるしい……。。。。

文字、記号、文章、意味?理解?読解?


ああああ~~~~~、くるしい。。。。

読解力のあるひとに、読解力の無いひとのこの苦しみはわからない!!



あー、頭が痛てえ。


つづきはまたこんど。



最終的には、「読むときに、もうひとつのスイッチがはいってない」から読み取れない、
と言う事を言いたいわけですよ。もうひとつのスイッチって言うのは、
06.1.14のブログ読んでみて下さい。

ま、そのスイッチonに気付くまでは、いろいろな、なんだか、こう、……


うう~ん……


なんていったらいいかわかんない!!

脳科学者の茂木先生だっけ?あの人の言う、「脳の取り扱い説明書」がほしい!

「スイッチはここにあります。こうするとオンになります……」適なね。


んで、「読解力をつける方法」は、こちらのブログに書きました。
http://kogamiho.blog45.fc2.com/blog-entry-325.html

けっこう極論だから、わかりにくいと思います(^^)

ランキングにご協力、いつもありがとうございます!
(お好きなほうをクリックお願いします(^v^))


関連記事

コメント

非公開コメント

ありがとうございます☆

本当に最近まで気づかなかったので、かなりびっくりしました。
気づいたところからが始まりですね☆

まずは基礎に戻って小学生の教科書や、簡単な文章から徐々になれていこうと思います。
考えるより感じろですね!
がんばります。

本当にありがとうございました!

Re: 読解力☆

読解力がないと気付いただけでも、あなたの人生得しましたよ!

読んだら書いた人の生い立ちまで想像できるよう…
それで文章がもっと奥行きのある面白いものに思えてくるんです。

いろいろなものを読んでいろんな感情を動かし、いろいろ感じ取れる人になってください!

(お返事遅くなってごめんなさい)

読解力☆

最近自分の読解力のなさに愕然とするという体験をしました。
イメージが自分の中で出来ていないので、友人の話を聞いても発せられる言葉から状況を的確に捉えられず自分の体験とつなげられず相手の心情をなかなか理解できないのです。

でもそれって自分の気持ちも分かってあげられていないのではと思います☆

私も小学生の低学年の時に算数の文章問題が、何を言わんとしているのかが全く分からなかったので同じような体験をされている方が居ると、ブログを読んで勇気づけられました。

まずは書いてある通り感じる事から始めてみようと思いますが、その他何かアドバイスを頂けたらなと思いコメントをさせていただきました。このぶつ切り状態をなんとかしたいです。

よろしくお願いします。