FC2ブログ
2006/02/14

バレンタインの思い出。(息子を持つ母の場合)

息子が小1の時のバレンタインデーに、


チョコを入れるための


カラのバッグを


持たせようとした


アホな母です。




現在5年生。

日曜日、バレンタインが近いことなどぜんぜん気づかず部屋でくつろいでいると、
何やら玄関がガヤガヤ。

弟達が

「おかあさん、誰か来てるよ」と。


行ってみると、

あらあら。

長男のクラスの女の子達が5人も。

私「なになに? どうしたの?」

女の子の代表「あの、これ、こが君に。」

おおー、そういえば、その日が近かったわね!

私「あらー、ありがとう! だれから?」

代表「○○ちゃんです。本命か義理かわからないですけど。」

私「へ?○○ちゃんはどこにいるの?」

代表「恥ずかしがって隠れてます」




もう、かっわいいい~~~!!


隠れたら本命ってバレバレじゃん!!



夕方、長男が帰ってきたので

「たっちゃん、おめでとう!! あんたにちょこれーともってきてくれたよ~」


長男、てれまくり!

私「誰からだと思う?」


長男「もう、いい!うるさい!知らん!」


長男、とうとう誰からなのか聞かなかった……


ってことは、

くれる相手を、あらかじめ知ってたって事?


ほほう。


ほほう!



ふふふ。



ふふふのふ~だ!



とにかく、うれしいんです!

息子がチョコレートをもらうなんて!

ご近所さんに

「ウチの息子、チョコレートもらったのよ~!」
って、

言いたい! 

言いたい!


長男、来年も期待してるよ~ん!


ところで、弟たちは??






収穫なしかよっ!


関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一個だけですよぉ!

おぉっ!
モテモテですねぇwwwww