FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/30

小塚崇彦選手をえこひいきする表現力評論家 その7 <高橋大輔のモノマネをする小塚崇彦>

小塚崇彦選手をえこひいきする表現力評論家 その7
<高橋大輔のモノマネをする小塚崇彦>

その6.6から続いています。
演技のABCについてはその2をご覧ください。

小塚選手は言いました。
「ソチでは、高橋選手のような演技をしてメダルを取りたい」と。

昔、小塚くんは、高橋君のモノマネをやったことがあります。
表現力を学ぶのには、ちょーおすすめの練習法です。
あれは、小塚君的には、高橋君のスケーティング技術を勉強しようとして
モノマネしたらしいですが
ぜひそれだけにとどまらず、
とことん追求して真似てほしいです。
ものまねを真剣にやって、それでどのように表現力が学べるかと言いますと……

小塚選手が、どんなに上手に高橋選手の演技をモノマネしても、
「自分の演技はなんか物足りない、なんか説得力がない…」と思うでしょう。
そこでいっぱい悩んで、試行錯誤してほしいんだな。
なんで?どうして?こうやったらどうだ?これならどうだ?と。
(ガンガン録って、がんがんモニターして下さい。何十回も。)
そこでいっぱい悩んで悩んで研究して研究。
物足りなさを克服しようとすると、
A→B→Cでななくて、CあってのA・Bなんだ!と言うことに気づきます!
Cのスイッチが入ります!

CあってのA・Bだと気づいたら、視線が違ってくる。
タメがでてくる。動きが残る様になってくる!
これが、Cのスイッチがはいったということ!

ひとたびスイッチがはいったら、安藤選手のように、目が覚めたように表現力が光ってくるよ。
しかもそのスイッチは、一たび入ったら、二度と切れません。。

前にも書きましたが、
表現力って、だんだんついてくるんじゃなくて、
ある日突然、スイッチが入ったようにピンと来るもの。

それは、
いままで、つねに顔の前にレースのカーテンがかかったまま演技していたのが、
急に目の前がくっっきりはっきりみえて、
すっごく演技しやすくなる感じ。
ちゃんと前を向いて歩いてる感じ。


高橋選手、安心して下さい。
高橋選手は、一曲をあれだけ自分のものにする事が出来る人なので、
先に述べたように、それは誰にも真似できません。
どんなに小塚君が練習して真似できたとしても、
それは表面だけ。
情熱的なところまではコピーが出来るわけがありません。
もし小塚君が情熱的な演技が出来たとすれば、
それは、小塚選手自身の思い(経験や考え)にもとづいた動きなので、
その時点で、その曲は小塚君が自分のものにしたという事です。
もうモノマネではなくなっているんです。

あー、これ伝えるの難しいなぁ。

その8に続く。

(このブログは著作権をものすごーく気にします。)
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。