FC2ブログ
2011/04/21

「父の日」アクセント アナウンスの話

「父の日」を平板で読んでるアナウンサー!
アクセント辞典の見方が足りないぞ!
「接合名詞」の項目をよーく見てみよう。
例外として、「父の日」が挙げてある。
確かにね、尾高に助詞の「の」がつけば平板になるというのが通常だから、
「父の日」を平板で読みたくなる気持ちもわかりますが…。
やっぱ平板で読んだら違和感ありますよ。
自分で録音して聞いてみ?どっちが自然に聞こえるか。

「あれが父の店です」も、「父の」を平板で読まないようにね。

それともうひとつ例外として覚えて欲しいのが、
「くまのプーさん」のアクセント。
「熊」のアクセントは尾高なんですが、
「くまのプーさん」の「くま」は、頭高なんです。
そのアクセントで昔から多くの国民に親しまれているわけですから。
「くまのプーさん」の「くま」を尾高や平板で言ってしまったら、
あの赤いベストを着たプーさんではなくなってしまいます。

このように柔軟に考えないかんアクセントも有ります。
今の時代はそれもありですよ。
「えいが」を頭高で言えば「栄華」
平板で言えば「映画」というように、
逆にわかりやすくなってきてるものもありますしね。
関連記事

コメント

非公開コメント