FC2ブログ
2011/11/27

動物と話をする方法

志村動物園にでてくるハイジさん、実に興味深い。

ハイジさんにお願いすれば、
ウシさんとかとかゾウさんとかも、簡単にトイレのしつけができそうだ。

ハイジさんの「動物と話ができる、動物の感情や記憶がわかる」という能力、
私は信じている。どうやらつじつまが合うから。

じゃあ、人間の感情や考えもわかってしまうのか?という疑問が出てくる。

もちろん、それもわかるに違いない。
しかし、そこは一線をひいているのだろう。

でないと、最悪、国家戦力として使われてしまう。
ミュータント映画的な、恐ろしいことになってしまう。
注意深く自分の中でルールを作っているとおもうよ。

「動物と話すなんて、んなことありえない」というひともいる→http://okwave.jp/qa/q7004498.html

病院に行くことを嫌う犬、志村園長が来ると喜ぶパン君、
餌を持ってきてくれる人が来るとむらがってくるハト。

動物には感情も記憶も、それを思い起こす能力も、あると思う。
喜びも悲しみも、心の傷みも、会いたいと思う気持ちも、
だれかのためにという思いやりも。

おそらく、「動物の感情がわかる」と言う人は、他にもいるんだと思う、子どもとか。
それを、人間にわかる「言葉」にしてみようという意識があるかないか…というのもあると思うんだな。
(わかりにくいですよね)

例えば子どもに「あの犬はワンワン吠えてるけど、なんて言ってるの?」と聞いてみたら、
案外、答えが返ってくるかもしれない。

うちの子は言いました。
ネコがいつもよりニャーニャー言ってたときに
「なにをニャーニャー言ってるんだろうね」と言ったら、
「おもちゃを失くしちゃったんだよ」と。

あー、あの能力、のばしてあげたらよかったな~。
そしたら、大儲け出来たかも。(って、そっちかい!)

コメント

非公開コメント