FC2ブログ
2012/01/29

朝、寒くてお布団から出られない人、起きられない人、ここが問題!

朝、寒くて起きられない人、問題は2つ!

私が朝起きる時は、室温5度とかざらにあります。それ以下になることも。

でも、寒くてお布団から出られないってことはありません。
ぽかぽかでサッと起きられます。
ちゃんと対策をとっているから。

寒くて起きられない人、ひとつは、

お布団が足りていません!

もうひとつは、

パジャマが寒すぎます!



お布団を開けると寒いから起きられないんです。
寒くないように、ある程度暖かいものを着て寝ないと。

非常識なことも書きますが、
あさなかなか起きられないなんて、
時間がもたいない!

人生がもったいないです(笑)
  
布団もたくさん、着てるものもたくさんとなると
さすがに暑いか窮屈で寝苦しいですので、
布団を減らして、
寝るときの服を重ね着
するといいです。

パジャマを暖かいものにするか、重ね着して下さい。
もちろん、伸縮性のあるもの、大きめのものがいいです。
そんなに着て寝たら暑い!というかた、
肩や首をだして寝て下さい。
それでもし寒かったら、
知らない間に自分で布団を引っ張り上げているものです。

私は、真冬は、下着・フリースのタートル、トレーナーを着て寝ます。
中に長袖Tシャツ着ることも。
下は、裏フリースのジャージ。ほんとに寒い時はタイツ&ジャージだったり。
とにかく、起きるときに寒くないように、
常識にとらわれず、着て寝ています!

目が覚めたら
「寒い」を実感する前に起きるのもポイント。
なにも「寒い」を確認する必要はありません!

寒くて夜中に目が覚めることはありませんか?
それは、布団が足りていません。
敷布団もチェックする必要があります。


敷布団
薄いカーペットの上に、薄い敷布団1枚だったら、やっぱり寒いです。
下からじんじんぞくぞく冷えてきます。
もう一枚、敷布団やマットレスなど増やした方がいいです。
キャンプやレジャーで使う銀色のマットはご存知でしょうか?
厚さ8ミリあるやつ。
それは、板張りにそれ敷いてその上に敷き布団でOK。あれは最強ですわ。
敷布団要らないかもってぐらい温かいよ。900円とか1000円ぐらい。
家によっては湿気、カビにご注意ください。

掛け布団
羽毛布団だけではやっぱり寒いですね。
下には毛布を掛けてください。
下に毛布です!一時期言われてた「羽毛布団の上に毛布」は間違っています。
羽毛布団は、あの嵩(かさ)が大事なんです。
毛布を上に乗せたら、嵩が減って寒くなるのは当然です。

(自分で実験済み)

毛布&羽毛でも寒い方は、その間になにか1枚はさんで下さい。
重いのが気にならない方は、もう一枚毛布を。
軽い方がお好きな方は、肌布団や夏物タオルケット、
寒い部分だけにひざ掛けを挟んでもいいです。

私は、「明日の朝の気温が氷点下」というときには、
毛布の上に羽毛布団を2枚かけて寝るんです。(たまたま余ってる羽毛布団です)
ものすごい嵩(かさ)になります(笑) でもポカポカです。

常識にとらわれず、起きるときに寒くない方法をあみ出して下さいね!

ランキングにご協力、いつもありがとうございます!
(なるほど!と思われましたらお好きなほうをクリックお願いします(^v^))


関連記事

コメント

非公開コメント