FC2ブログ
2012/10/04

単身赴任、荷づくりの仕方。泣いていると恨み節しか出てこない。笑顔でいると前向きになれる。

夫の一人暮らしに必要なものを、
段ボールに詰め、
送りました。
(引越し屋さんには単身パックというものがあるんですね、うちは日通さんでした)

「入れ忘れはないかな?」と、ずーっと気が張ってたので、
荷物が出発したとたん、泣けて泣けて…。。

しかし、泣いていると、後ろ向きなことしか考えない。
「そんな大きな会社にならなくてよかったのに」とか、
「いつ帰ってくるの?」とか。

笑顔でいると、前向きになれるから不思議。
「月に一度帰ってこれるってことは、子どもの野球のどの試合のときに帰ってくるか、
チョイスが難しいよね~。でも帰ってきたら雨で試合が中止になったりして!
それで、気象予報士なみの天気予報ができるようになるかも(笑)!
でももし雨でも、たまたま兄ちゃんたちの格闘技の試合があれば見れるからそれもラッキー!」

だいたい泣いてると、
「別に夫が死ぬわけじゃないだろっ!」と、自己ツッコミして可笑しくなる!!
そこで切り替える!

夫にしてみれば「涙のひとつもこぼさないで冷たいなぁ」と思ったかもしれないけど、
ひとりで泣くのは簡単だから、それぞれで泣けばいい。
ひとりで笑うのは難しいから、一緒にいるときは笑っていたいじゃない。

あー、ベッドは残念だったな~(T_T)玄関に入らなくて返品する羽目に。
とてもいいベッドを見つけたのに…

確認不足で迷惑かけてごめんね(T_T)

荷づくりは、
筆記用具、梱包を解くためのハサミなど、すぐに要るものをまとめた
「一番に開ける箱」を一個作っておくとよい。
その中に"トイレットペーパー"も忘れずに。
たくさんの梱包の中から探してたら、トイレが間に合わないからね(笑笑)

スーツ類はハンガーボックスというものがありますが、けっこう場所をとるので、
荷物に家電があると、単身パックに収まりきれない可能性が。
ウチは家電はなかったけど、ハンガーボックスの存在を後で知ったので、
段ボールに詰めました。
「ついたらすぐ開けて掛けておいて」と夫に伝えておきました。

ここから↓他の「家事ブログ」も見れます。たくさんあって参考になりますよ!
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
関連記事

コメント

非公開コメント