FC2ブログ
2013/11/01

こんなすてきな電車に乗れる! 八代―人吉 JR肥薩線 こういうの、九州だけなんです。

人吉に、息子の空手の試合を見に行った。

写真は、JR肥薩線(八代―人吉)の車内 

いさぶろう か しんぺい という名前の電車みたいです。



「いさぶろう」で画像検索すると、写真たくさん出てきます。


車内に光が当たっているのは、

球磨川に朝日が当たって、その反射した光が車内を照らしています。


写真左のほうは、車窓立ち見席です。高めのテーブルがあるのわかるかな?

テーブルには“つかまり突起”も見えます。


九州だけだそうですよ、新幹線にしても、

こんなふうに内装に凝った電車があるのは。

九州は、なんかパンダ代わりがないと、電車に乗らない!

車移動が当り前ですから。

だから、「ななつぼし」も九州ですね。


首都圏になると、電車が充実してるから、逆に車が要らない。

車を持ってたら、こっちで言う家賃並みの駐車場代がいるなど、

維持費がバカ高いそうです。

だから、電車はホント事務的なというか機械的なというか無機質な

移動するための乗り物でしかないらしい。


私の場合だと、電車(市電じゃないよ!JRです。)移動と言ったら、

どきどきワクワクの旅行気分が味わえる、特別な乗り物です。


きっぷを買うときからどきどきするよね~。

いまだにきっぷの買い方よくわかんないもん。

あーいなかモンだ。


そもそも、いまだに「電車」と言ったら路面を走ってる市電だと思っている私は、

熊本の、しかも昭和の人間だよね~(笑)


肥薩おれんじ鉄道↓でランチもしてみたいです。(もちろん九州)
http://www.asahi.com/national/update/0308/SEB201303080009.html


電車という乗り物の、位置づけ、意味、意識は、

地方と都会ではこんなにも違うものなのですね。

 ↓↓応援クリック、いつもありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

非公開コメント